自律神経失調症

率神経失調症のイメージ

このような方に

  • 自律神経失調症と診断され薬を飲んでいるが変化がない
  • 常に体がだるい
  • 全身の疲労感が取れない
  • やる気が出ない
  • 外に出たい気持ちがあるが体がついてこない
  • 現在気がかりな問題がある
  • 前はもっと元気だったと思う
  • なるべく薬は飲みたくない

自律神経失調症とは

◆自律神経失調症の症状例◆

頭痛・めまい・耳鳴り・動悸・全身倦怠感・息苦しい・大きく息を吸えない・しびれ・胸が苦しい・嘔吐・腹痛・下痢・便秘・食欲不振・多汗・冷えなど

※上記以外の症状が出ることもあります。

上記のような不快な症状があるのに検査しても異常がない。こういった場合自律神経失調症と病院で診断されることが多いようです。

でも、自律神経失調症は自律神経が欠損しているといったことではありません。

 

自律神経は「内臓が動く」「汗をかく」など自分の意思とは関係なく働く神経です。そして自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2つがあります。この2つの神経は両方が一緒に働くことはありません。どちらかが優位に働きます。スイッチが切替わるイメージを持ってもらったらいいかと思います。

夜眠れないイメージ

例えば眠れない方。
夜になって副交感神経が優位になってくると自然と眠くなってきます。でもここで交感神経が優位なままだと自然な眠りはやってきません。

 

当院ではこのスイッチの切替がうまく出来るよう体を整えていきます。

なるべく薬なしで

薬と水交感神経が優位で眠れない場合、眠れないからと薬で眠らすのって正解か?と私は疑問に思います。ですから当院ではなるべくお薬はなしで という方針です。

ですが長く薬を飲んでいると「薬がないと不安」という方もいます。そんな場合も徐々に減薬し最後は薬なしでも大丈夫な状態に無理なく出来るよう持っていきたいと思います。

話を聞きます

この症状については話を聞くことから始めます。心因性の場合など「話す」ことで改善が見られることがあります。

他の症状がある時はそこから

施術のイメージ
肩こりや腰痛など他に症状がある場合そこから改善していきます。
これは特定の筋肉が常に緊張している状態であったりすると、活動のスイッチがうまく切り替えられないことになるからです。

習慣を変えよう

運動を始めたイメージ
しっかりお話を聞いて改善点を提案します。生活習慣をガラッと変えるのは大変です。いきなりベストを目指すのではなく、ベターの積み重ねをして大きな変化となるようにしていきましょう。

自律神経失調症の症例




 

 

自律神経失調症コラム

予約する

トップに戻る