脚の長さが左右で違う

体の使い方によって脚の長さが変わることがあります。
なぜ脚の長さが変わってしまうのか、何に気をつけたらいいのかなどです。

脚の長さが変わってくるのは、別にどちらかが短くなったり長くなったりしている訳ではありません。骨盤の歪みや筋肉の状態で足先が揃わなくなったということです。

だから施術で整えると脚の長さは揃います。でも施術後の体の使い方でまた長さが変わってしまいます。長さが変わる体の使い方(片側ばかり使う)などを改めないといたちごっこになってしまいます。長さに差があることで体に支障が無いなら普段の体の使い方を見直すことから始めましょう。ただし、腰が痛かったり、膝が痛かったりするようなら施術で整える方が良いですね。

お尻や太ももの筋肉に柔軟性があると、元の位置に戻りやすいです。ストレッチやりましょう!

お尻や太もものストレッチならこちら↓

 

予約する

 

関連記事

  1. 固い足首を柔らかくする方法の整体マンガ

    固い足首を柔らかくする

  2. マラソンする女性

    肉離れしたらすぐ走れなくなるんですか?

  3. 足のむくみのイメージ

    むくんだ足を上げて寝るときの注意

  4. 朝方に足がつる原因と対策

  5. 膝の痛みのためダイエットをしようと決意するイメージ

    何キロ体重が増えたら膝に影響が出ますか?

  6. 股関節が痛くなる原因って?