股関節が痛くなる原因って?

患者さんから「なんで股関節って痛くなるんですか?」と質問されました。
今回は骨に異常が無いのに痛む場合についてお話します。レントゲン撮ったけど特に何もなくて、でも痛い…なんて場合です。
股関節はつくりから負担がかかる部位です。そこに支える筋力や柔軟性などが関係して痛みがでてきます。

股関節のつくり

股関節は横から足の骨が差し込むようにくっついて、上から体重が乗ります。

股関節の線描きイラスト

だから構造的に負担がかかりやすい部分です。
そして使い方によってはさらに負担が大きくなります。例えば、電車を待って立っている時の姿勢。同じ足にばかり体重をかけていたりすると片側ばかり負担がかかることになります。他には足を組む、横すわりといったクセが股関節の負担を増やし痛みを招きます。

筋力と柔軟性が必要

構造上負担が多いですがみんなが痛い訳ではありません。ポイントは股関節を支える筋肉と股関節の柔軟性です。

股関節を支える筋肉が少ないと関節に大きく負担がかかったまま使い続けることになるので、痛くなりやすいです。骨盤から腰につながる筋肉、骨盤から足につながる筋肉がちゃんと引き合っていると股関節は安定するので痛みが出にくいです。

あとは柔軟性。どれだけ広い範囲動かせるかです。動く範囲が少ないと、とっさに動かしたときに傷めることになります。

ただし、これは骨盤と太ももの骨がフラットな状態で接続されている場合です。

前かがみ姿勢などで骨盤が前傾になってる場合はそこをまず治さないと筋力、柔軟性を頑張っても状態は変わらないことになってしまいます。
股関節の痛みが姿勢改善で軽減した方もいらっしゃいます。

◆まとめ◆

股関節の痛みは、股関節を支える筋肉の低下、股関節の柔軟性の低下、足への体重のかけ方など日常での使い方、骨盤と太ももの接続状態などが影響しています。

 

予約する

関連記事

  1. ももを引き寄せると股関節が痛い。なぜ?

  2. 固い足首を柔らかくする方法の整体マンガ

    固い足首を柔らかくする

  3. 足のむくみのイメージ

    むくんだ足を上げて寝るときの注意

  4. 膝の痛みのためダイエットをしようと決意するイメージ

    何キロ体重が増えたら膝に影響が出ますか?

  5. 運動する人の前脛骨筋のだるさやつりはどうしたらよいか整体マンガ

    運動する人のすねがつる・だるさの対策

  6. 若いのに膝が曲がって見えるのはなぜ?