肉離れしたらすぐ走れなくなるんですか?

各地のマラソン大会に参加されている40代の女性からの質問です。大会中にズキッときたらそのまま走っていいのか、止めるべきか迷いますよね。そのあたりをお答えしています。

肉離れでも走れる

まず、結論から。「走れるから肉離れではない」ではありません。肉離れしても走れることもあります。これは筋繊維がどれだけ切れたかによります。

筋肉は繊維の束です。その束が全部切れてしまったら完全断裂、一部が切れてしまったら部分断裂です。切れたのが少しだけなら痛みはあっても走ることは出来ます。

例えば太もも。太ももの筋肉だけでも、大腿直筋・内側広筋・大腿二頭筋…と複数の筋肉の集合体です。その一つの筋肉、または一つの筋肉の一部が切れたとしても、まわりの他の筋肉を使って動かすことが出来ます。

肉離れは筋繊維がちぎれてる

肉離れは筋繊維がちぎれた状態です。ちぎれた筋繊維はくっつこうと修復にかかります。でもそこで動かしたら、くっついてまた切れて…となります。動かすことで修復にさらに時間がかかることになるかもしれません。肉離れの疑いがあるなら大会中でも止めるべきです。

また、断裂すると筋肉内の毛細血管が切れて内出血します。ただし内出血は少し時間が経ってからです。ズキッとなったけど内出血が無いから大丈夫とは言い切れません。

そして、内出血は数日経つとだんだん場所が下がっていきます。「あれ?傷めたのはもっと上なのに…」「ここも傷めてた?」なんて思うかもしれませんが、傷めた場所からだんだん下がって消えていきます心配しないでください。

◆まとめ◆

肉離れになっても動かすことが出来ます。走れるからと走り続けるとさらに断裂がひどくなることがあります。これはおかしいと思うような痛みが出た時は走るのを止める方が安全です。

 

予約する トップに戻る

関連記事

  1. 足のむくみのイメージ

    むくんだ足を上げて寝るときの注意

  2. 膝の痛みのためダイエットをしようと決意するイメージ

    何キロ体重が増えたら膝に影響が出ますか?

  3. 足の長さの違いを確認する方法

    脚の長さが左右で違う

  4. 朝方に足がつる原因と対策

  5. ももを引き寄せると股関節が痛い。なぜ?

  6. 股関節が痛くなる原因って?