施術後は痛くないが次の日には痛む膝

歩くと膝の内側が痛む40代の女性のお話。この方、施術後は痛みがありませんが翌日以降だんだん痛みが戻ってきます。1回施術を受けたらそれっきり痛みが出ないという方も中にはいますが、そうでない方もいらっしゃいます。痛みが戻ってしまうのはなぜでしょうか。

偏った重心を元に戻す

この方にしたのは膝の重心を変える施術。膝の外側にかかっている重心を少し内側にずらすように調整すると痛みが無くなります。これが施術後は痛くない理由です。

その後家に帰って日常生活を送っているうちにまた痛くなってくる。なぜかと言うと内側にずらした重心がまた外側に乗ってきたから。じゃあ、どうして外側に乗ったのかと言えばそれは「日常的な使い方」に他ありません。

問診中に内転筋の弱さが発覚

この方、内もも(内転筋)の筋力が弱いことが分かりました。それは椅子に座って問診していると時間が経つごとにだんだん足が開いてくるからです。内ももが弱っていると足を揃えてキープする姿勢がもたないのです。

おそらく歩いているときに外側(小指側)に体重が乗っているだろうと靴を見せてもらったら当たりです。靴底は外側が減っています。

内ももが弱いと歩く時に外側(小指側)に体重が乗りやすくなります。

内側(親指側)に力を入れて歩いてみると内ももに力が入るのが分かると思います。つまり外側に体重を乗せて歩くと、内ももの筋肉をあまり使わずに歩けてしまうのです。内ももを使わずに歩いてしまうので内ももが弱ります。

これが膝の重心がだんだん外側にずれる原因です。この方は歩き方でしたが痛くなる習慣は人によって違います。中には椅子に座る時の変わった足の組み方が影響している人もいました。

膝そのものが悪いのではない

改善するためには施術で膝の重心を戻し、外側にずれないよう習慣を変えることが必要です。この方は、施術で体を整え、歩く時の注意点と内ももの鍛え方を指導しました。ただこの方の場合、最初に教えた2つのトレーニングは全然続かずでした。「これなら出来るかな?」「これは無理だけどこれなら出来るかも…」といったやり取りを経てようやく続けられそうなトレーニングが見つかりました。

後に「体重の乗せ方とか、筋肉落ちているとか、そんなことで膝が痛くなってるとは思わなかった。膝のどこかが悪いのだと思ってた」とおっしゃってました。

◆まとめ◆

施術を受けたら痛みは無くなるのに、翌日になったら痛みが戻る。そういった場合は日常生活の中に痛くなる習慣があると考えていいです。悪い習慣を見つけるのはご自身ではなかなか難しいものです。この方は筋肉の付き方や体の状態、毎回行う問診から悪い習慣を見つけていきました。

膝・足の症例一覧 予約する トップに戻る

関連記事

  1. 強いマッサージが好きだった肩こり女性の場合

  2. 自律神経失調症のイメージ

    仕事のストレスからの自律神経失調症を改善

  3. 以前は同じところばかり肉離れしていた

  4. 手のしびれ

    手術をすすめられた頸椎ヘルニア

  5. 動悸が激しい女性のイメージ

    ストレスの原因が分かって自律神経失調症が改善した例

  6. 肩こりで悩む女性

    体操やストレッチを続けてもよくならない肩こり