強いマッサージが好きだった肩こり女性の場合

肩こりが酷くなってきたら60分いくらのマッサージ店に通っておられた30代女性。行った日は楽だけど翌日にはまた肩がツラくなってくる。終わりのない繰り返しに嫌気がさして何とかならないかと来院されました。

強いマッサージ=よく効く と思っていた

肩がツラくなってくると気持ちいいポイントを見つけそこをグリグリと押し込んでいたようです。マッサージ店でも「もっと強くお願いします」と頼んでいたようです。やってる時は気持ちいいですがこれは悪化することがあります。

筋肉はゴムみたいなものです。思いっ切り引っ張れば一瞬では伸びますが戻るのが早く、じわっと伸ばせばゆっくり戻ります。それと同じで強い力で筋肉を押すと逆に筋肉は縮もうとして余計に固く張ってきます。

 

施術効果の持ちが違う

この方、今までマッサージに行ったとしても翌日にはこり感は戻ってきていました。当院で整体の施術を受けるときも最初はダメもとくらいの気持ちだったそうです。

施術後は「もっとガンガン押して欲しかったと」思ったそうです。でも、翌日起きたときに「なんか楽」と感じ、その後肩も首もスムーズに動くようになってきました。今までは施術後の楽さをピークにだんだんまた悪くなってくるのが常だったので、時間の経過と共によくなるのが驚きだったようです。(※変化には個人差があります)

次回施術まで2週空いたけれども…

2回目の来院まで2週間空いてしまったのですが(症状にもよりますが翌週くらいにもう一度施術する方がよいです)初めに来た時の首や肩の詰まり感や重さは戻っていないとのことでした。そこでもう一度2週後に施術し、その後は1ヶ月に1回程度体をメンテナンスしました。すると肩こりだけでなく、だるかった腰や疲労感のあった足が楽になったようです。「仕事に行くのが嫌にならなくなった」とおっしゃっています。

◆まとめ◆

強いマッサージは一時的に気持ちいいですが筋肉の特性上こり感をさらに感じてしまう場合があります。強い刺激に慣れていると最初は物足りなく感じるかもしれません。でも、緩やかな刺激でちゃんと体は反応してくれます。かといって緩くすれば何でもいいのかと言えばそうではありません。施術する側の体に対する知識も必要ですし、体を触ったときの改善の必要のある部分に気付く感覚も大事です。

 

肩・腕の症例一覧 予約する トップに戻る

関連記事

  1. 動悸が激しい女性のイメージ

    ストレスの原因が分かって自律神経失調症が改善した例

  2. サラリーマン男性の腰痛イメージ

    体重コントロールで腰痛改善の例

  3. 手のしびれ

    手術をすすめられた頸椎ヘルニア

  4. 膝の施術中

    施術後は痛くないが次の日には痛む膝

  5. 腰痛の女性のイメージ

    椅子に座ると痛い腰

  6. 腰痛の女性

    年3回の大きい腰痛の恐怖が無くなった

  1. 腰痛の女性のイメージ

    椅子に座ると痛い腰

  2. 以前は同じところばかり肉離れしていた

  3. 病院では原因が見つからなかった手のしびれ

  4. 手のしびれ

    手術をすすめられた頸椎ヘルニア

  5. 腹筋するイメージ

    腹筋続けたけど変化の無い腰痛

  1. しなければならないと思うのは大変

    体の調子がよくならない考え方のクセ

  2. 体に気を遣っているのに調子のよくない人にありがちなこと

    健康に気を遣っているのに体の調子が良くないのですが…

  3. 固い足首を柔らかくする方法の整体マンガ

    固い足首を柔らかくする

  4. 冷えにくい体にするにはどうしたらいいのかの整体マンガ

    冷えにくい体にする方法

  5. 肩以外の悪いところが治ったら肩こり治ることもある

    治らない肩こりでこんな間違いしていませんか