手術をすすめられた頸椎ヘルニア

手のしびれが気になり病院へ行ったら頸椎ヘルニアと診断された60代女性のお話。病院からは手術をすすめられ友人に相談したところ、整骨院えんを紹介され来院されました。

右手のしびれと痛み

常に右手がしびれていました。また手をついて起き上がることが痛くて出来ませんでした。

症状の出ているところが悪いのではない

施術は手に関係する筋肉を調整しました。しびれの出ている部分や痛みのある部分は触ることはしません。この方の場合は両肩甲骨と腰の外側にアプローチしました。1回目の施術で、なんとなくよくなった感じになり、2回目の施術の後しびれが消えました。

しびれが消えてからの施術

ひとまず痛みとしびれは消えましたが、戻ってくるかもしれません。そこで週1回体のメンテナンスの施術をしました。大丈夫のようなので次は2週に1回と徐々に施術の間隔を開けました。体のメンテナンスをすると体も楽に動くということで、現在は手のしびれ痛み共にありませんが通院されています。

 

◆まとめ◆

ご本人は「手術しなくてよかった」と言っておられます。ただし今回の施術は頸椎ヘルニアが治ったわけではありません。頸椎ヘルニアであっても、それがしびれや痛みの原因でないこともあるのです。私は体にメスを入れるのは何をやってもダメで最後の最後の選択でいいと考えています。

 

肩・腕・手の症例一覧

予約する

トップに戻る

関連記事

  1. ボルダリングする女性

    自律神経失調症の原因を探さないことで落ち着いた例

  2. 病院では原因が見つからなかった手のしびれ

  3. 動悸が激しい女性のイメージ

    ストレスの原因が分かって自律神経失調症が改善した例

  4. 腰痛の女性のイメージ

    椅子に座ると痛い腰

  5. 膝が痛い50代男性イメージ

    減った軟骨で痛む膝

  6. 頭を抱える女性

    吐き気が無くなり眠れるようになった