病院では原因が見つからなかった手のしびれ

手のしびれを常に感じていた30代女性。病院で検査してもらったが特に異常はありませんでした。病院は3軒行ったそうですがどこでも結果は同じ。しばらく様子を見ていましたが改善しないので来院されました。

肩が前にくる巻き肩の姿勢

この方、手をおろして普通に立ってもらうと手の甲が前から見える状態です。普通は手のひらが体の側面に来るので手の甲は前から見えません。でも、正面から見えてしまう。これは肩が前に巻いてきている証拠です。

肩が前に来る「巻き肩」の原因はほとんどが普段の姿勢です。日頃前かがみになることが多かったり、背中を丸める姿勢が多いにもかかわらず姿勢を戻すことがないとこうなってしまいます。

肩が前に巻いてくると、首から腕にかけての神経が圧迫されることがあります。これがしびれの原因のひとつになります。

姿勢改善

前に巻いた肩を元に戻すには、姿勢を正す動作を繰り返すことが必要になってきます。姿勢を正す動作を繰り返すことで姿勢維持の筋肉が刺激され正しい姿勢をとりやすくなってきます。でもこの方、背中の筋肉がパンパンで肩甲骨が動きません。肩甲骨が動かない状態では上体を正しい位置にもって来れません。ですからまず肩甲骨が動くように施術しました。

施術で肩甲骨が動くようになってくると、姿勢を正したり、伸びをしたりといった動作が楽にできるようになります。そうなって初めて意識して「姿勢を正す」が出来るようになります。動かない背中で頑張っても姿勢は戻りません。

再発しないためには

2~3回の施術でしびれはなくなりました。その後通院はされなかったのですが1年後またしびれが出始めたと来られました。その時にはまた肩が巻き肩になっていて、姿勢を戻せないくらい背中が張っていました。また一からの施術となりました。

施術で改善しても同じ生活をしては再発してしまいます。再発しないためには日常の習慣を少し変える必要があります。

◆まとめ◆

肩が前に来る姿勢が原因で手にしびれが出ることがあります。巻き肩を治すには正しい姿勢に戻す動作を繰り返すことが必要です。ただし、まず「正しい姿勢に楽に戻せる体」でないと意識しても体は変えられません。施術でできることは施術に任せて、自分しかできない「姿勢を意識する」という部分を頑張っていただきたいですね。

肩・腕・手の症例一覧 予約する トップに戻る

関連記事

  1. 頭を抱える女性

    吐き気が無くなり眠れるようになった

  2. 強いマッサージが好きだった肩こり女性の場合

  3. 腰痛の女性のイメージ

    椅子に座ると痛い腰

  4. 膝の施術中

    施術後は痛くないが次の日には痛む膝

  5. 動悸が激しい女性のイメージ

    ストレスの原因が分かって自律神経失調症が改善した例

  6. 膝が痛い50代男性イメージ

    減った軟骨で痛む膝