マイナス思考を変えたい…思考と体の関係

息苦しさが気になり病院に行ったけど特に異常はなく、様子を見ていたがよくならないので来院された20代女性。「ずっとこのままだったらどうしよう」「もっと悪くなったらどうしよう」「何か悪い病気かも」と悪い方にばかり考えてしまうようです。マイナス思考を止める方法はないですかと質問されました。

まず行動する

そんな時は考えるより行動です。

治すための行動に出てください。頭の中でいろいろ考えるだけでは体は良くなりません。この方は症状をネット検索してはどんどん不安に陥ってしまうようです。

体を変えると思考も変わる

痛みや不調があるとろくなことを考えません。悪い方へ思考は偏りがちです。思考は後からついてきますのでまず体を変えてみましょう。

この質問された20代女性は施術で体が変わってくると「ん、なんであんなに不安だったの?」と思えるように変わってきました。

施術を受ける以外にも家の中に閉じこもっていたなら外に出てみる。歩けるならちょっと頑張ってウォーキングしてみる。ストレッチや軽い体操をやってみる。など今と違うことをやってみて下さい。

この方には体調で不安が出た時はネット検索する前に施術を受けにくるように言ってあります(笑)

◆まとめ◆

頭の中でいろいろマイナスなことを考えるだけでは体は良くなりません。体を変えると思考も変わってきます。思考が変えられないなら体から変えていくのも方法です。

予約する

関連記事

  1. 自律神経失調症の治し方のひとつはぼーっとすること

  2. 自律神経失調症の人はこのサイクルが回っていない

  3. リラックスする方法ってありますか?

  4. どうにも出来ないことをどうにかしようと頑張っていないか?

  5. ストレスがはっきりするだけで体調に変化

  6. 自律神経失調症かも?そんな時の注意点