リラックスする方法ってありますか?

30代の女性。夜になっても目が冴えていて眠気が来ないことが多いそうです。お話を聞いているとリラックスできていないのが分かります。どうしたらリラックスできますか?と質問を受けました。

副交感神経が優位になるとリラックス状態

自律神経には交感神経と副交感神経があり、時と場合で交感神経が優位になったり、副交感神経が優位になったりします。

交感神経と副交感神経の切替イメージ

交感神経は楽しいときや怒ってるときなど興奮しているときに働き、副交感神経はお腹一杯の時とか、眠る前とかのリラックスしているときに働きます。

夜になっても目が冴えている、眠気が来ない場合、体は交感神経が優位の状態が続いています。副交感神経が優位になるとリラックス状態です。

リラックスを妨げるもの

まずリラックスさせる方法を考えるより、リラックスできない理由を考えその原因を取り除いていくことが早道かも知れません。

体が冷えている
体が冷えていませんか
塩分の多い食べ物
塩分をとりすぎていませんか

タバコ吸い過ぎ
タバコを吸い過ぎていませんか

お酒飲みすぎ
お酒を飲みすぎていませんか

背中が丸まっている
前かがみの姿勢になっていませんか(呼吸が減る)

心配事がある
心配事がありませんか

何か当てはまることがないか毎日の生活を見直してみましょう。

副交感神経を優位にする

副交感神経優位にする方法です。

マッサージなどで体を緩める

体を緩めて副交感神経が優位な状態に持ってくれば体はリラックスすることが出来ます。当院でも筋肉を緩めてやると「寝れない」と訴える方も施術中寝息を立ててる事もよくあります。

マッサージを受ける

自分でマッサージはリラックス出来ません。マッサージされる側は脱力しているのが基本ですから誰かにやってもらうのが良いです。家族にマッサージしてもらう事も効果的です。その場合はきつく押したり揉んだりするのではなく揺らす程度の刺激が良いです。きつく1分マッサージしてもらうなら、3分体を揺らす方が効果的です。

揺らして体を緩める方法はこちら

入浴

他にも、お風呂も効果的です。この場合は熱いお湯でなく、ぬるめのお湯に長めにつかるといいでしょう。この時何も考えずにぼーっと出来るとなお良いです。

お風呂でゆっくりつかる

リラックスに効果的な半身浴の方法はこちら

リラックスしたいなら、まずリラックスを妨げるものがないかを考えてください。妨げるものがそのままなら、いくらマッサージをしたり、お風呂に入っても効果は出にくいです。

予約する

関連記事

  1. 自律神経失調症の人はこのサイクルが回っていない

  2. マイナス思考を変えたい…思考と体の関係

  3. どうにも出来ないことをどうにかしようと頑張っていないか?

  4. マイナス思考は姿勢から

    マイナス思考になりやすい姿勢

  5. 自律神経失調症の治し方のひとつはぼーっとすること

  6. 自律神経失調症かも?そんな時の注意点