マイナス思考になりやすい姿勢

体の調子悪くなると、「ずっとこのままかも知れない…」「もっと悪くなったらどうしよう…」「悪い病気が隠れてるのでは…」などと不安になってしまうことがあります。悪く考えたら駄目だと思ってもマイナスにしか考えられない時があります。当院にもこういった方が何人も来られていますが、高い確率で同じような特徴がみられます。

それは、院に入ってきたときから問診の間中もずっと、うつむき加減で肩が前に巻き込み,背中が丸くなった前かがみ姿勢であることです。

呼吸量の問題

このような姿勢は一回に吸う呼吸の量が減ります。一回ではそんなに差がありませんが一日で見るとトータル量に差が出てきます。それが1週間1ケ月・・・となると体が取り込んだ酸素の量は相当な差が出てきます。

吸う酸素量が減ると、体中に酸素がいきわたりません。細胞は酸素を受け取ってATPという物質を作ります。これがないと人間は活動できないというくらい大事な元気の元です。酸素が少ないとATPも作られず体の元気がなくなってきます。体の回復力も遅くなります。呼吸量が減ることは、血流が悪くなると同じなのです。

体の環境が悪くなると明るいことや良いことが考えられない

前かがみ姿勢という体の環境が悪くなる体制をとっていると、「よくなったらディズニーランドにでも行こう…」「新しい服も買いたいな…」「仕事今日も頑張ろう!」などプラスの方向に思考が向きません。

何度もお話していることですが、心と体はつながっています。ですから、このような状態だと体はますます調子が悪くなり、更に気が沈む…といった悪い循環に入ってしまいます。

しっかり呼吸できる体に変える

まず、しっかり呼吸をするように心がけましょう。深呼吸もおすすめですが、しっかり呼吸するためには、前かがみの姿勢を正していくのが良いでしょう。ここを治せば、普段の呼吸量が増えるので、特に意識しなくても呼吸量を増やす事が出来ます。姿勢のリセットを一日のうちで何度も繰り返すのがおすすめです。

マイナス思考は姿勢から

予約する

関連記事

  1. 自律神経失調症の人はこのサイクルが回っていない

  2. 自律神経失調症かも?そんな時の注意点

  3. どうにも出来ないことをどうにかしようと頑張っていないか?

  4. リラックスする方法ってありますか?

  5. 自律神経失調症の治し方のひとつはぼーっとすること

  6. ストレスがはっきりするだけで体調に変化