体の調子がよくならない考え方のクセ

毎日ストレッチや体操を欠かさない。お風呂ではマッサージ。食事にも気を遣い、油ものは控え、インスタント食品もコンビニも利用しない。外食も付き合い程度。どっちかというと野菜が好き。でもタンパク質もしっかりとれるように栄養素もチェックしている。健康情報はアンテナ広げて情報収集をしている。そして何より実践している。

だけど、体調がすぐれない。

こんなに頑張ってるのになぜ元気にならないんだろう?

頑張ってるんだけど楽しんでない

こういった人は何でも「~~しなければならない」と考えてしまう方が多いようです。よく言うと真面目で手が抜けない、悪く言うと融通が利かないといった感じでしょうか。

ご飯を食べたいから食べるのではなく、ご飯を食べないといけないから食べる。運動したいから動くのではなく、運動しないといけないから動く。といったように何をやるにも「やらされている感」があります。残念ながら「やらされてる感」を持つと楽しくありません。楽しくないけど、やらないといけないからやる。こんな生活が続くと体にいい訳がありません。ストレス溜めてしまうことになります。頑張っているのに楽しめていない、ものすごくもったいないです。

考え方を今までと違うものに

あなたは、やってみたいと思ってテニスを始めました。通い始めると「○曜日の○時はテニスに行かなくちゃいけない」とだんだん思うようになり「ああ仕事を早く片付けなければいけない」と思ってしまいませんか。

そんな時は「○曜日になったらテニスができる♪」「仕事を早くかたずけようっと!!」に考え方をチェンジしていきます。そうするとテニスをすることが心にも体にもプラスに働きます。

実は考え方にもクセがあります。クセなので自覚して意識すればだんだん直すことができます。何でも「~~しなければならない」という考えになってしまう人は、まず自分の考え方にクセがあると自覚してください。自覚できればあとはちょっとずつ考え方を変えていくようにしましょう。

間違っても「クセを直さなければならない」なんて思わないでくださいね。ゆっくりゆっくりいきましょう。

しなければならないと思うのは大変

予約する

関連記事

  1. 体に気を遣っているのに調子のよくない人にありがちなこと

    健康に気を遣っているのに体の調子が良くないのですが…

  2. 体調が悪い時の受け止め方

  3. 「ま、いいか」ができないと毎日がしんどい

  4. 早く治るコツ

  5. 「痛くなるかもしれない」が痛みを引き寄せてしまう