歩くと以前よりしんどい。体力アップするには何から?

長距離を歩くと以前よりしんどい。前は買い物で1日中でも平気でウロウロできたのに…体力落ちてきたなぁと思う瞬間ですね。さて”体力落ちた”って思ったら何から始めたらいいのでしょうか?

筋力低下と体重増加

体を動かしたときに「以前よりしんどい」と感じるらな

筋肉が落ちてないか?
脂肪が増えてないか?

見直してみて下さい。

筋肉は使っていないと細くなってきます。細くなった筋肉で体を動かすと「以前よりしんどい」と感じます。また、体重が増えても同じように感じます。筋肉で体重が増えていたら大丈夫ですが、脂肪で増えたら「しんどい」と感じるようになります。

そうなると「痩せなきゃ」と思うかもしれませんが、痩せることより筋力アップすることが先決です。筋力アップすればその過程で脂肪も燃焼してきます。

まず脚

体力アップには、もちろん全身の筋肉が必要ですが、まずは脚の筋肉です!
太ももです。太ももを鍛えるには日常で階段を上る機会を増やすといいです。階段を上る動作は太もも前(大腿直筋)、お尻(大臀筋)両方鍛えられます。

駅の階段、会社の階段、学校の階段、歩道橋・・・色々階段はありますので見つけたら上ってみて下さい。見て見ぬ振りはダメですよ。

そして見落としがちなのが、太ももの後ろの筋肉(ハムストリング筋)です。これは階段を後ろ向きで上ると鍛えることが出来ます。自宅の階段など他人の目の無いところで後ろ向き上がりをやってみて下さい。

後ろ向きで上がる時は手すりを持って転倒には気を付けてください。ただし手すりを持った手で体を引き上げるのはダメです。あくまで脚を使ってください。

筋肉痛になったら普段その筋肉が使えていないという事です。筋肉は使う→軽い損傷→修復 の過程で太くなっていきます。だから筋肉痛が治まればその部分の筋肉は前より太く強くなります。筋肉痛になったからとトレーニングを止めてしまわないようにご注意ください。

こちらも参考に↓

予約する

関連記事

  1. トレーニングする女性

    腹が引っ込む!代謝もアップ!おすすめ体幹トレーニング

  2. 姿勢のリセット

  3. 首を回すと音がする首の回し方をマンガで解説

    首を回すと音がする

  4. ウォーキングで体力アップ!ここが残念3つのポイント

  5. 四十肩・五十肩 肩のインナーマッスルを鍛える方法

  6. 腕がだるい時おすすめのストレッチ