歩く姿勢を正しくしよう!体が元気になる歩き方

「歩く」動作は長期にわたるストレッチです。その歩き方が間違っていると膝が痛い、腰が痛いといった症状を引き起こすことになります。歩き方を見直してみましょう。

前かがみ姿勢が体の負担になる

下のような姿勢で歩くと

悪い歩き方のイラスト
・上半身を腰で持ち上げようとするので腰に負担。
・膝が曲がるので膝に負担。負担を他がかばおうとして膝に無理が出る。
・足が上がってないのでよくつまずく。
などなどさまざまな悪影響が出てきます。意識することで正しい姿勢に戻すことができます。歩き方が変われば体も変わってきます。

腰まで足だと思え!

下のポイントを注意しながら歩いてみてください。

よい歩き方イラスト

まず、手を後ろに大きく振ることを意識してください。後ろに大きく振れば前は勝手に振れます。次に、腰のあたりから足を遠くに運ぼうとする、かかとから接地すると自然と足が上がります。このポイントを守ると自然と背中が丸まらないようになってきます。

元気に見えればOK

ポイントを頭に置きつつ歩いて欲しいですが、色々細かい部分を意識してぎこちなく力が入ってしまってはよくありません。
自分の歩き方を客観的に見て「あの人の歩き方なんか元気!」と感じれたらOKです。楽しく歩きましょう。

予約する

関連記事

  1. お尻と太ももを鍛える

  2. トレーニングする女性

    腹が引っ込む!代謝もアップ!おすすめ体幹トレーニング

  3. 健康のためにウォーキング!落とし穴に注意

  4. 肩回し体操をするときのポイント

    肩回し体操、効果の出る回し方

  5. 歩くと以前よりしんどい。体力アップするには何から?

  6. 腕がだるい時おすすめのストレッチ