歩かないとどうなるんですか?

汗かくのが大嫌いな20代女性。動くと汗かくので極力移動はバスやタクシーを使っておられました。「歩く」を意識して増やそうと指導した時にこの質問を受けました。

疲れやすくなる

歩かないと足の筋肉が落ちます。足の筋肉が落ちると少し歩いただけで疲れます。疲労感も足だけでなく全身に出てくるようになります。こうなると歩くのが嫌になってきます。そして歩かなくなる、さらに筋肉が落ちる…と悪い循環に入ってしまいます。

むくみやすくなる

足を動かさないと足の循環が悪くなるので、むくみやすくなります。足の循環が悪いと体全体の代謝も悪くなり代謝が悪くなります。

足の形が崩れる

内ももの筋肉が弱ってくると膝と膝が開きやすくO脚になりやすいです。O脚を訴える若い方はあんまり歩いてない人が多いです。(ただし歩いていても歩き方が悪くてO脚がすすむことがあります)筋肉で治せるうちはいいですが骨が変形しだすともう真っ直ぐに戻すことは出来ません。

美しい脚には程よく筋肉がついています。

姿勢維持が出来ず老けて見える

足の筋肉は姿勢の維持に重要です。足が弱いとだんだん上体が前のめりになってきます。そのまま前のめりになると倒れてしまうので膝を曲げてバランスを取ろうとします。この姿勢は若くても老けて見えます。

◆まとめ◆

足の筋力が落ちると疲れやすく、むくみやすく、足のかたちも悪く、全身の見栄えも変わってきます。この方は20代だったので間近な影響を上げましたが足の衰えは股関節や腰、背中、肩など様々なところにも影響します。足は歩いてなんぼです。この先の自分のために歩いて下さい。

 

予約する

トップに戻る

関連記事

  1. トレーニングする女性2

    体幹弱いとどうなるんですか?

  2. 脳が作る痛みの対処法

  3. 疲れが取れにくい、何となく調子が悪いときに見直すところ

    疲れが取れにくい、何となく調子が悪いときに見直すところ

  4. 温めるイメージ

    痛くなった時、冷やすか温めるかどちらがよいですか?

  5. 7~8時間寝てるのに疲れが取れない

  6. 冷やすか温めるかのイメージ

    冷やすときは冷湿布でいいですか?