痛くなった時、冷やすか温めるかどちらがよいですか?

痛みがでてきた時、冷やすか温めるか?当院でもよくこの質問を受けます。基本的な考え方と具体例で説明します。

急性症状は冷やす

ぶつけた、こけた、足をくじいた、腰をグキッとやったなど急性の症状の場合冷やしてください。これやったから痛くなったと分かっている場合です。

冷やすことで悪化させないようにします。冷やすと毛細血管が収縮するので内出血を最小限にする、腫れを押さえるといった炎症を抑える効果があります。

慢性的な痛みは温める

いつから痛くなったか思い出せないけど痛い、なんとなく調子悪かった腰が今日はめっちゃ痛いといった場合は温めてください。冷やすのと逆で血管を広げ、血流をよくします。血流がよくなると酸素が細胞にたくさん届きますので回復が早くなります。また、温めることで筋肉も緩みます。

急性か慢性かの判断が出来ない

急性なのか慢性なのか判断つかない場合、痛い部分を触ってみて下さい。熱を持っていたら冷やしてください。

一番分かりやすいのはお風呂です。お風呂につかってズキンズキン疼いてくるような場合は温めたらダメです。冷やしましょう!逆にお風呂につかると楽になる場合は温めてください。

温める?冷やす?具体例

今までに聞かれたことのある症状です。参考にしてください。

●例1●
もともと腰は痛くなりがち、今日介護の仕事中に入所者さんを抱きかかえた時、ズキッと痛みが走った。反ると痛いので前かがみでいる。今、仕事から帰って来たけど冷やす?温める?

⇒慢性腰痛を持ちながらの急性の症状です。痛くなった当日は冷やしてください。翌日以降風呂に入って疼かないようなら今度は温めるのがよいです。

●例2●
料理の先生で常に鍋を振ったりと腕を使っている。そのため慢性的に腕に痛みがある。仕事終わりは特に痛みが強い。

⇒仕事が終わった時触ってみて痛い部分に熱をもっているようなら一旦冷やしましょう。お風呂に入ってもらって大丈夫です。ただし痛い方の腕はゆっくり温めたり揉んだりはしない方がよいです。お休みの日など腕を休められるときはお風呂でゆっくり温めるのがよいです。

●例3●
常に腰が重い感じ、たまに腰痛が出る。今日の仕事中からだんだん腰が痛くなってきた。思い返せば昼間車から降りたときからかも知れない。いや、午前中すでに痛かったかも・・・

⇒腰に負担がかかり、その負担に耐えられなくなって痛みとなったようです。痛くなったのは今日ですがこういった場合は温めるのがよいでしょう。

◆まとめ◆

じっとしていても疼く時や、痛い部分が熱をもっているようなら冷やす。おふろに入ったとき疼いてくるようなら冷やす。楽になるなら温める。

関連記事
▼冷やすときは冷湿布でいいですか?

患者さんからの質問一覧 予約する トップに戻る

関連記事

  1. 7~8時間寝てるのに疲れが取れない

  2. 脳が作る痛みの対処法

  3. 歩かないとどうなるんですか?

  4. 冷やすか温めるかのイメージ

    冷やすときは冷湿布でいいですか?

  5. トレーニングする女性2

    体幹弱いとどうなるんですか?

  6. 疲れが取れにくい、何となく調子が悪いときに見直すところ

    疲れが取れにくい、何となく調子が悪いときに見直すところ